家飲み女子会には安くて美味しい南アフリカワインがピッタリ!

家飲み女子会って案外お金がかかりませんか?

女子会を家飲みでするんだったらオシャレにワインで決めたいですよね。

ワインはいろいろとみんなで持ち寄った料理にも大抵合うので、ワインをガールズトークのお供にされるてるんじゃないでしょうか?


ただ、ワインは高いモノから安いモノまでいろいろとありますよね。

それにいろんな美味しい料理があると、ついクチにするワインの量も多くなってしまい、結果的にお金が予想以上にかかってしまうこともしばしば・・・

 

そこで、家飲み女子会を開催するとき、私はコスパが高い南アフリカワインを楽しんでます。
 

アクセントがあるお酒が欲しくなったら・・・

実は最初の頃、みんなが集まる家飲み女子会に南アフリカワインを持ち寄ってませんでした。


私自身は香りも味わいもボリューム感のあるけど、スーッと飲める南アフリカワインが好きで普段からよく楽しんでましたが、香りが結構強く、味わいもやや強めの酸味があるものが多いので敬遠されるかな・・・と心配したからです。

いくら私が好きでも、香りや味わいは主観的なモノで人それぞれですからね・・・


でも、ある家飲み女子会を開催したとき、お酒がある程度進んだとき(つまり、良い感じで酔っ払ってきたとき)、「何かアクセントがあるお酒が飲みたいね、でも日本酒や焼酎はちょっと遠慮したい・・・」という話になったので、思い切って南アフリカワインを披露してみました。


微酔いだったせいもあるでしょうが、南アフリカワインを好きになってくれた人が多かったです。

ブルーチーズとか濃い味のおつまみにバッチリでしたし、飲みやすさが思いのほか良いというのがみんなもわかってくれたようでした。

 

何だかその人自身がいないところで、自分が「いい人だ」と思うことを他の人と共有することにも似た「そうそう!」という感覚でした。


それからの家飲み女子会では、ある程度お酒が進んできたら、南アフリカワインが主役になってます。


 

パンチがある料理にはモッテコイです!

南アフリカの赤ワインはとても濃い鮮やかな赤をしています。

 

香りは全体的に果実の凝縮感を感じますし、味わいもボリューム感があるけどスーッと飲めるのが特徴かな・・・

なので、スパイシーな料理とかタイ料理や焼肉といったパンチがある料理にピッタリです。


白ワインの方は、スッキリしたものから少し甘さを感じるものまでいろいろとありますが、全体的に樽の香りがキチンとあり、ワインによってはバニラの甘い香りがするものもありました。

 

なので、白ワインといっても香りや味わいに結構アクセントがあるので、これも濃い味付けの料理やおつまみに合いますよ。

 

コスパが高くて二日酔いになりにくいワイン

ところで、南アフリカワインが割安でコスパが高いのは「生産する畑が広大でブドウの収穫量が多いこと」「知名度が高くないこと」「製造費や人件費といったコストが安いこと」がその理由で、決してワインのクオリティが低いわけではなく、国際ワインコンクールでも高い評価を受けています。


また、南アフリカワインは、自然保護の観点から世界で最も厳しい酸化防止剤の使用基準で作られています。

酸化防止剤は美味しいワインの品質を保つために欠かすことのできないモノですが、酸化防止剤に含まれる亜硫酸塩の中でもっとも多く使われている「二酸化硫黄」が、脳や血管などに作用して、個人差にもよりますが頭痛を引き起こすと言われています。

ですので、酸化防止剤が少ない南アフリカワインは「二日酔いになりにくいワイン」とも言われています。
 

 

私が利用している南アフリカワインに特化したお店です

最近では南アフリカワインを取り扱っているスーパーもあるようですが、私は南アフリカワインに特化したお店から通販で取り寄せてます。

ご夫婦で経営されていて、全体に希望小売価格よりもディスカウントをしていますし、6,000円以上購入で送料無料(沖縄は除く)など、非常にコスパが高いお店です。

定期的にセールを開催されていて、品ぞろえも各所輸入元から積極的に仕入れており、対応もとても丁寧です。

 

>> 南アフリカワインに特化したコスパが高いお店の公式サイトはコチラ